幻の魚と書いて【ゲンゲ(幻魚)】! げんげは少しグロテスクでコラーゲンたっぷりな深海魚です

幻の魚と書いて【ゲンゲ(幻魚)】! げんげは少しグロテスクでコラーゲンたっぷりな深海魚です

IMG01550.jpg

今回は、岐阜の市場にゲンゲが入荷しましたので紹介したいと思います。


今回入荷のゲンゲは【カンテンゲンゲ】といい、太平洋側でのズワイガニ漁などに混ざる事があり、【岩手、宮城県、福島県】などから混ざって入荷してくる魚なのだそうです。


現在ゲンゲには230種類のゲンゲが存在し、食用となるのは【ノロゲンゲ、カンテンゲンゲ、シロゲンゲ、タナカゲンゲ】などと言われています。



生息するのは【日本海、オホーツク海南部】です。


ゲンゲは深海魚ですので、水深200メートルから800メートルのところに生息します。


ちなみに最近では、【秘密のケンミンSHOW】でも紹介された【ババア】もゲンゲの一種です!


ちなみにババアは【タナカゲンゲ】と言うお魚の事です。


今まではその場で捨てられてきた魚なのだそうで、【ゲギョ(下魚)】と呼ばれていました。

ゲンゲという名前はそれがなまって【ゲンゲ】になったと言われているのだそうです。


漢字で書くと【玄魚】【幻華】【幻魚】と書きます。


鮮度が悪いと皮が特に臭いのですが、新鮮なまま調理すれば【天ぷら、から揚げ、煮物、汁物】に向き美味しい魚です。


市場にも入荷が少ない魚なので、見つけた時はぜひ食べてみましょう。



ふぐ料理 【板前割烹 くに井】ホームページ!

國井農園ホームページ!

くに井の大将ブログ

ブログトップへ

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


●プロフィール

ますみん♂

Author:ますみん♂
岐阜県産まれの専業農家でありながら、元魚屋(魚時)の31歳。

趣味は、旅と家庭菜園と料理であります。

2014年5月31日から飲食店を始めました!

名前は、【板前割烹 くに井】です。
   ↑
    クリック!

●カテゴリ
●お魚検索
気になる魚の名前で検索
板前割烹 くに井
懐石弁当
國井農園ホームページ
國井
くに井の和食ブログ!
88.jpg
Ads by Google