富山湾の味覚 生ホタルイカの旬情報!最近ではホタルイカの一夜干しがブームです

富山湾の味覚・生ホタルイカの旬情報!最近ではホタルイカの一夜干しがブームです

IMG01326.jpg

今回は、今年も入荷が始まった春の味覚、【蛍烏賊】について説明します。

【ホタルイカ】とは、ホタルイカモドキ科の小さなイカの事で、富山県・兵庫県が主な二大産地と言われています。

ホタルイカは、日本海一帯や、駿河湾、相模湾の太平洋側でも獲れるそうです。

ホタルイカは春に生まれ、翌春に産卵期を迎えるので約1年で一生を終えてしまいます。

鮮度落ちも激しいので、基本的には港で釜揚げにされているのがほとんどです。

ですのでスーパーなどで活ホタルイカを見かけることは珍しく、とても高価な値段で販売されています。


ちなみにホタルイカは腕や腹部に1000個ほどの発光器があり、蛍と同じように青く光ることから【蛍烏賊】と呼ばれるようになったそうです。


ホタルイカと言えば、富山湾のイメージが強いのですが、実は水揚げ量で最も多いのは浜坂漁港をはじめとする兵庫県なのだそうです。

意外にも富山県は水揚げ量2位なのだそうですよ!

ですが味や質的には富山県産のもののほうが良いそうで、身も大きくミソの詰まり具合もいいので、富山県産のほうが高値で取引されています。


●【富山県産ホタルイカ】【兵庫県産ホタルイカ】の違いですが・・・

【富山県】の漁は、沿岸に押し寄せてきたホタルイカを定置網で夜に漁獲します。

富山湾では毎年【3月1日】が解禁日とされ、6月まで続きます。

最盛期は4~5月初旬あたりとされています。


【兵庫県】の漁は、主に昼間に行われる底引き網漁で一気に大量に水揚げされます。

兵庫県でのホタルイカ漁は【1月下旬頃】から始まります。

最盛期は3~4月で、漁は5月まで続きます。


ちなみに肝心の【ホタルイカの旬】なのですが、一般的には【3~4月】なのだそうです。


【調理法】

やはり定番は【ホタルイカの沖漬け】です。

最近では【ホタルイカの一夜干し】というものも流行っていてとても美味しいですよ。

その他、パスタやお鍋にもおいしい、まさに春の味覚の食材です!


最後に・・・ホタルイカの有名な言葉に【ホタルイカの身投げ】というものがあります。

これは4月から5月の波の静かな日、産卵のために浮上したホタルイカが波打ち際に大量に打ち上げられることがある事から付けられた言葉なのだそうです。

この時期とてもおいしいホタルイカですので皆さんも旬の味覚を味わってみましょう。



ふぐ料理 【板前割烹 くに井】ホームページ!

國井農園ホームページ!

くに井の大将ブログ

ブログトップへ

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


●プロフィール

ますみん♂

Author:ますみん♂
岐阜県産まれの専業農家でありながら、元魚屋(魚時)の31歳。

趣味は、旅と家庭菜園と料理であります。

2014年5月31日から飲食店を始めました!

名前は、【板前割烹 くに井】です。
   ↑
    クリック!

●カテゴリ
●お魚検索
気になる魚の名前で検索
板前割烹 くに井
懐石弁当
國井農園ホームページ
國井
くに井の和食ブログ!
88.jpg
Ads by Google