スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナゴの稚魚でおなじみの食材のれそれ【べらた】!ノレソレの旬っていつ頃!?

アナゴの稚魚でおなじみの食材のれそれ【べらた】!ノレソレの旬っていつ頃!?

IMG01377.jpg

今回はのれそれ【べらた】の正体について説明します。

ノレソレは通常、アナゴの稚魚だという話はよく聞きますが、【レプトケファレス幼生】と呼ばれるアナゴ類の幼魚の総称を言うそうです。

ちなみにこの【レプトケファレス幼生】とは、【柳の葉】という意味なのだそうです。

IMG01378.jpg


確かにのれそれを良く見てみると、平べったく、柳の葉に似ているようにも思えます。


そもそも【のれそれ】はなぜ【のれそれ】なのかと言いますと・・・

【のれそれ】は、高知県で水揚げされる地引網の中で【ドロメ】という魚と一緒に獲れ、その【ドロメ】と言う魚の上に【乗ったり、それたり】しながら網の底へ沈んでいく様子から、そう呼ばれるようになったそうです。

【乗ったり、それたり】→【のりそれ】→【のれそれ】てな感じで、多少強引感は否めません。

基本的には高知県で獲れたものを【のれそれ】として流通しますが、岡山県で獲れたものの事を【べらた】と言うそうです。

肝心なのれそれの旬は、【12~5月】と言われています。

のれそれの美味しい食べ方は、生のまま軽く塩水で洗って、葱・もみじおろし・ポン酢で食べるのが美味でしょう。

その他、お寿司の軍艦にも人気のネタです。

程よい粘り気と、甘みが特徴の春を告げる食材です。

もし入手する機会があれば、この時期に是非食べてみましょう。



ふぐ料理 【板前割烹 くに井】ホームページ!

國井農園ホームページ!

くに井の大将ブログ

ブログトップへ

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


●プロフィール

ますみん♂

Author:ますみん♂
岐阜県産まれの専業農家でありながら、元魚屋(魚時)の31歳。

趣味は、旅と家庭菜園と料理であります。

2014年5月31日から飲食店を始めました!

名前は、【板前割烹 くに井】です。
   ↑
    クリック!

●カテゴリ
●お魚検索
気になる魚の名前で検索
板前割烹 くに井
懐石弁当
國井農園ホームページ
國井
くに井の和食ブログ!
88.jpg
Ads by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。