スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今が旬 北海道産活毛ガニ【オオクリガニ】!蒸したり茹でたりがおすすめな三大蟹の1つです

今が旬 北海道産活毛ガニ【オオクリガニ】!蒸したり茹でるのがおすすめな三大蟹の1つです

IMG00945.jpg

今回はこの時期おいしい、毛ガニについて説明します。

毛ガニの別名・・・【オオクリガニ】

毛蟹とは三大蟹の1つで、上品な蟹身の甘さと濃厚でクリーミーなカニミソが特徴の蟹です。

毛ガニは漁場により、ほぼ1年中獲れます。

【岩手、北海道】などでは12月~2月頃が旬ですが、【オホーツク】では4月~7月頃が旬です。

毛ガニは、【日本海沿岸、茨城県以北の太平洋岸からアラスカ沿岸、太平洋北西部とその縁海】に広く分布し、水深30~200cmほどの砂泥底に生息します。

主な産地は【北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県】となっています。

ちなみに甲長8cm以上のオスのみの漁獲が許可されているので、北海道産のメスは食べることができないそうです。

毛ガニは重さ400g~600gで、甲羅の直径が10cm前後のものが美味しいとされます。

それ以上大きくなると【老ガニ】といって味が落ちると言われるそうです。

ちなみに毛蟹は、体重が500gになるのに約10年も掛かるんだそうですよ!


【若ガニ】と【堅ガニ】の違い!

【若ガニ】とは・・・春先に獲れる脱皮したての毛ガニの事で、身入りが少なくミソも少ないです。しかし価格が安く、殻も柔らかく、身の甘みが強いと言われているので、通には大変人気があります。

【堅ガニ】とは・・・夏から秋にかけて身入りが良くなった毛ガニの事で、カニミソも多く、とても食べごたえがあります。


【選び方のポイント】

持って重いもの・殻が黒ずんでいないものが良いとされます。



そんな大変おいしい毛ガニなのですが、元々は食用とされず肥料として利用していたそうです。

1934年頃から食用の缶詰として利用されるようになって、ようやく食べられるようになったそうですよ。

その後、活毛ガニとして出荷がはじまったのが1965年からなんだそうです。


【調理法】

毛ガニのおいしい食べ方は、【茹でる】【蒸す】が王道です。

その他、ぶつ切りで味噌汁や、身をほぐしてパスタにするととてもおいしいです!


【茹で方】

たっぷりのお湯を用意し、ここに塩を3〜4パーセント入れ、甲羅を下にしてカニを入れます。

大体20分を目安に茹でます。

小さいものは15分前後、大きいものは25分と考えると良いです。


皆さんも、おいしい毛ガニをたくさん食べましょう!



ふぐ料理 【板前割烹 くに井】ホームページ!

國井農園ホームページ!

くに井の大将ブログ

ブログトップへ

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


●プロフィール

ますみん♂

Author:ますみん♂
岐阜県産まれの専業農家でありながら、元魚屋(魚時)の31歳。

趣味は、旅と家庭菜園と料理であります。

2014年5月31日から飲食店を始めました!

名前は、【板前割烹 くに井】です。
   ↑
    クリック!

●カテゴリ
●お魚検索
気になる魚の名前で検索
板前割烹 くに井
懐石弁当
國井農園ホームページ
國井
くに井の和食ブログ!
88.jpg
Ads by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。