スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎料理【サツマイモの茎の佃煮】の作り方!さつまいものつるが手に入ったらラッキーです

田舎料理【サツマイモの茎の佃煮】の作り方!さつまいものつるが手に入ったらラッキーです

CIMG3810.jpg


今回は、田舎風のおすすめ惣菜を紹介します。

懐石料理屋時代によく佃煮を作っていたので、とても懐かしい味です。

さつまいもと言えば、芋の部分だけを食べると思われがちですが、昔から茎(ツル)の部分も一般的に食べられていました。

今回はそんなサツマイモの茎(ツル)の佃煮について紹介します。


<材料>
・さつま芋の茎 300g

CIMG3802.jpg


<調味料>
・砂糖 大さじ3
・みりん 大さじ3
・濃口しょうゆ 大さじ3
・たまり醤油 大さじ1
・ゴマ油 小さじ1
・白ごま 適量
・塩 少々(ボイル用)


<作り方>

1.まず鍋でお湯を沸かします。この時、塩を少し入れます。
※塩を入れて茹でる事によって、茎の色が綺麗になるので。
その間に、サツマイモの茎を綺麗に洗い、3センチ幅に切り、すぐに水に浸します。

CIMG3803.jpg




2.お湯が沸いたら、水に浸しておいたサツマイモの茎をザルにあげ、お湯の中で1分間ボイルします。
※こうすることによって、茎が少し柔らかくなるので。

CIMG3806.jpg




3.ボイルしたらすぐに、流水で冷まします。
 
CIMG3807.jpg




4.サツマイモの茎が冷めたら、ザルで水分をよく切ります。
続いて、鍋にごま油を小さじ1入れ、フライパンが温まったら、サツマイモの茎を投入します。

CIMG3808.jpg




5.菜箸で素早く鍋全体に混ぜて、水分を飛ばします。
このまま約5分間中火でサツマイモの茎を煎ります。

CIMG3809.jpg




6.サツマイモの茎がしんなりしたら、砂糖大さじ3と、みりん大さじ3を入れよく混ぜます。
水分が飛んで、つやが出てきたら、濃い口しょうゆ大さじ3と、たまり醤油大さじ1を入れ、よく絡めます。
※この時醤油が焦げやすいので、弱火で調味料を煮詰めていきます。

CIMG3810.jpg




7.味を確かめて、(味が辛くなる前に)火を止め、白ごまを全体的に加えたら完成です。

CIMG3812.jpg



★器にこんもりと盛れば、おいしいおかずの一品のできあがり!

CIMG3813.jpg


近所でサツマイモの収穫を見かけたら、茎だけでも分けてもらってぜひ作ってみましょう。



ふぐ料理 【板前割烹 くに井】ホームページ!

國井農園ホームページ!

くに井の大将ブログ

ブログトップへ

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


●プロフィール

ますみん♂

Author:ますみん♂
岐阜県産まれの専業農家でありながら、元魚屋(魚時)の31歳。

趣味は、旅と家庭菜園と料理であります。

2014年5月31日から飲食店を始めました!

名前は、【板前割烹 くに井】です。
   ↑
    クリック!

●カテゴリ
●お魚検索
気になる魚の名前で検索
板前割烹 くに井
懐石弁当
國井農園ホームページ
國井
くに井の和食ブログ!
88.jpg
Ads by Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。