fc2ブログ

春が旬の旨い貝【とり貝】! 鳥貝の中でも【丹後とり貝】が最高級品です!!

春が旬の旨い貝【とり貝】! 鳥貝の中でも【丹後とり貝】が最高級品です!!

IMG01539.jpg

今回は、春先に出回る美味しい貝【鳥貝】について紹介します。


とり貝は基本的にはむき身の状態でスーパーに並ぶことの多い貝ですが、市場では貝つきのまま入荷する事が多々あります。


やはり貝もむきたてが一番おいしいので、処理できる方は是非とも貝付きのまま購入しましょう。



まずはとり貝の主な【産地】から紹介していきます。

基本的に太平洋側では、東京湾や三河湾、伊勢湾など。


日本海側では宮津や舞鶴などが知られています。


また、瀬戸内海も主な漁場となっています。


中でも特に有名なのが、【丹後とり貝】です。

これは、京都府立海洋センターが、稚貝を人工孵化させ、コンテナに稚貝を入れて海中に吊り下げる方法を開発し育てているものです。

この方法で育てられたトリガイは天敵のタコやヒトデから守られて、天然物より大きく育ちます。

この手法で育てられるものを【育成トリガイ】といい【丹後とり貝】のブランド名として出回っています。


しかし、大きさや味に非常に優れているが、まだ数量的に少ない事もあって非常に高価な食材なので、今でもまだ高級料理店でしか扱えないほどの高級品と言えます。


近年では、年中むき身の冷凍品が出回っていますが、やはり旬の時期に食べる生ものは違います。


せめてむき身で食べるなら、中国産のものや韓国産のものではなく国産のとり貝を選びましょう。

とり貝


 
【とり貝の食べ方】

やはり刺身で食べるのが一番美味です。

とはいっても、一度ボイルしたものを刺身とします。

さっと火を通す事によって甘みが引き立ち、わさび醤油でバクバク食べれますよ。


その他寿司だねとして、軽く甘酢で洗い握りにします。


酢のものとしては、軽く塩水で洗い、分葱などと一緒に盛り付け酢味噌でいただきます。


その他、佃煮にしたり、バター焼きにしたりと調理法は様々あります。



【とり貝の名前の由来】

【鳥貝】という名前の由来は2つあります。

一つ目は、貝殻から伸びる黒い足が鳥のくちばしに見えるからという説があります。

もう一つは、食べた時の食感が鶏肉に似ているからだとする説があります。




【栄養素】

トリガイにはビタミンB12と、パントテン酸が豊富に含まれています。

特にパントテン酸には、善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らす働きがあり、これにより動脈硬化を防ぐ効果があるとされています。


みなさん、この時期おいしい【とり貝】を是非とも食べてみましょう。



ふぐ料理 【板前割烹 くに井】ホームページ!

國井農園ホームページ!

くに井の大将ブログ

ブログトップへ

夏が旬の魚介類【栄螺(さざえ)】! バーベキューで定番のサザエのつぼ焼きがおすすめ!

夏が旬の魚介類【栄螺(さざえ)】! バーベキューで定番のサザエのつぼ焼きがおすすめ!

IMG01115.jpg

今回は、春から初夏にかけて旬を迎える貝、サザエについて紹介します。


サザエを漢字で書くと【栄螺】【拳螺】とかきます。


サザエは、北海道南部から九州までの水深20メートルに生息し、ほぼ全国に広く分布しています。


サザエはとれる場所で殻の形状が変化する貝です。


外海(周囲を陸地などに囲まれていない海)のものは、殻のツノが長く伸びゴツゴツしています。


養殖物や、内湾(島や岬に囲まれた湾)のものは角があまりなく丸っぽいです。


もしBBQの時に壷焼きにするなら、ゴツゴツシタほうを選んだほうが安定感があって焼きやすいです。



サザエは、ワカメ、テングサ、トサカノリなど海藻を主食とし、殻の色は食べる海藻によって変わるそうです。


また、サザエは雌雄によってワタの色が違います。

ちなみに、【クリーム色なら雄】、【緑色なら雌】だそうです。



【サザエの調理法】

つぼ焼き、刺身、煮付けにするのが一般的でとっても美味しいです。


その証拠に、貝類特有の旨み成分であるコハク酸はアワビの倍くらい含んでいるそうです。


サザエを壷焼きにするときは、殻ごと焼き網の上に置き、お酒を少し入れてしっかりと焼き、最後に醤油を垂らして味付けします。


最近ではサザエの炊き込みご飯も人気があっておすすめですよ!


ちなみに、サザエの中でも50g以下のものを【姫さざえ】と言い、煮付けにするならこちらのほうがおすすめです。

IMG01077.jpg



サザエは大きくなると、なんと10cmを超える個体もあるそうです!



【さざえの名前の由来】

さざえは、殻を小さい家に見立てた【ささ】=(小さいの意)+【え(い)】=(家の意)の意味であるとされています。


漢字で書くと【栄螺】は大きくなった渦巻状の貝、【拳螺】は渦巻状の拳のようであるとの意味なんだそうです。


サザエは基本的には一年中出回る貝ですので、是非バーベキューの時には持参しましょう!



ふぐ料理 【板前割烹 くに井】ホームページ!

國井農園ホームページ!

くに井の大将ブログ

ブログトップへ

名古屋市西区にある人気焼き肉屋さん【衆寶(しゅうほう)】! かつて生レバーで人気のあった愛知の名店です!

名古屋市西区にある人気焼き肉屋さん【衆寶(しゅうほう)】! かつて生レバーで人気のあった愛知の名店です!

IMG01604.jpg

今回は、愛知県名古屋市西区にある焼き肉屋さん、【衆寶(しゅうほう)】について紹介します。


こちらのお店は岐阜市からも近く、名古屋市西区にある【MOZO(モゾ)】の近くという事で、買い物ついでに寄ることもできます。


週末には開店前から行列ができるほど、活気のあるお店です。


しかしながら、基本的にこちらのお店では予約は受け付けていませんのでご注意を。


焼き肉【衆寶(しゅうほう)】は、かつて牛のレバ刺しが食べる事が出来たお店としても有名で、今でも尚大変人気のあるお店です。


こちらのお店は【飛騨牛A5ランク】の焼き肉専門店なのだそうで、鮮度は昔と変わらず抜群です!


そして、肝心なお肉は冷凍を使わず、生肉を基本としているそうなので、焼いてもとてもジューシーです。


値段に関しても、他の焼き肉店と比べて大変安く、なんといってもボリュームがあります!


今回は、特選レバー(生でもいけるが、焼いて食べましょう)、焼きユッケ(生でもいけるが、焼いて食べましょう)、ロース、骨付きカルビ、タンカルビ、キムチ、冷麺などをいただきました。


どれもやはり鮮度抜群で、味付けも良いです。


中でもロースが人気で、売り切れるのが早くとても上質なお肉です。


肉の質の割に、値段も850円と大変安いです!


注目の特選レバーは、はっきり言って昔と変わっていません!


生食を禁止にした法律と言うのは何だかややこしいものですね。



今回も2人でお腹いっぱい食べて、約8000円くらいのご予算です。


また必ず行きたくなるほど、お肉の内容はおすすめですよ!



皆さんもMOZOの買い物帰りなどに、衆寶の焼き肉を食べに行ってみてはいかがでしょうか!?

●焼肉衆寶(しゅうほう)

【住所】 名古屋市西区比良3丁目153

【TEL】 052-501-1736

【営業時間】 18:00~23:00(ラストオーダー22:30)
         土、日、祝日は17:00オープン

【 定休日】 月曜・火曜



ふぐ料理 【板前割烹 くに井】ホームページ!

國井農園ホームページ!

くに井の大将ブログ

ブログトップへ

<<PREV |

●プロフィール

ますみん♂

Author:ますみん♂
岐阜県産まれの専業農家でありながら、元魚屋(魚時)の31歳。

趣味は、旅と家庭菜園と料理であります。

2014年5月31日から飲食店を始めました!

名前は、【板前割烹 くに井】です。
   ↑
    クリック!

●カテゴリ
●お魚検索
気になる魚の名前で検索
板前割烹 くに井
懐石弁当
國井農園ホームページ
國井
くに井の和食ブログ!
88.jpg
Ads by Google